漬物のすぐきを食べて腸活

ヨーグルトなど動物性食品に含まれている乳酸菌は、胃酸に弱くて胃を通過するときに死滅してしまい、生きて腸に届きにくい性質があります。それに対し、ぬか漬けなど植物性食品に含まれる乳酸菌は、過酷な環境でも生き延びる力があり、生きて腸に届きやすい性質があります。

死滅した乳酸菌でも免疫力を活性化させる働きがありますが、生きて届けば腸内で乳酸や酢酸などを作りだし、悪玉菌が住みにくい腸内環境に整えてくれます。
生きて腸に届けたいので、私はすぐきという漬物を食べてみることにしました。
すぐきとは、カブの一種を塩漬けした漬物のことで、植物性乳酸菌のラブレ菌が含まれているそうです。ラブレ菌は生きて腸に届くことが期待できます。ラブレ菌の摂取で便通が改善したと便秘に関する本で紹介されていたので、さまざまある漬物の中からすぐきを選びました。

スーパーですぐきを見かけることがたまにありますが、その頻度は高くはありません。また、スーパーで売られているものはすぐき風に味付けされているだけで、乳酸菌発酵していないことがあります。そのため、自然食品店で購入をしています。自然食品店で売られているものは、パッケージをよく読んで発酵していることがわかりました。
漬物はしょっぱいイメージがあったのですが、すぐきはしょっぱさの中に酸っぱさがあります。発酵をして作られた乳酸などの味なのでしょう。この酸っぱさがおいしくて毎日食べていました。

しかし、腸内環境がよくなっているようには感じられません。食べる前と変わらずに便通が悪いし、おならが臭いです。腸内環境がよくなってくれば、すっきりと毎日出たり、おならが臭くなくなったりするはずです。
他の人がよいといっている食品でも、ある人にはあっていて、ある人にはあわないことがあるのでしょう。
私の腸にはあわなかったようですが、すぐきはおいしいので食べてみたことはよかったです。これに懲りずにいろいろと試してみようと思います。