効果の有無は不明です

結構前に、健康の鍵は腸内フローラが握っているという感じで、ちょっとした腸活ブームがありましたよね。
今でもそのブームが続いているのかは分かりませんが、数年前に、1年ほど腸活をやってみましたので、当時の様子などについて話します。

ただ、残念なことに当方は独身で、腸活に有効な食事を作ってくれる人はいません。
仕事も不規則で、定期的に腸活に適した食生活を送ることもできない状況でした。
それでも救いだったのは、職場に女神が毎日訪問してくれることでした。
分かる人もいるかと思いますが、そう「ヤク○トのお姉さん」。
平日、呼んでもいないのに毎日職場にやってきて腸活の普及をされる女性のことです。

ただ機械的に職場を巡回してヤク○トを売るだけの人もいれば、こちらのつまらない世間話にずっと付き合ってくれる律儀な人もいます。
とにかく、私の場合、腸活イコールヤク○トでした。
ただ、ヤク○トのお姉さんが売っているのはヤク○トだけではありません。
CMなどで有名なタフマンのほか、「ミル○ル」だってあるのです。
しかも、お姉さんの話では、ヤクル○とミル○ルは効果を発揮する場所が違うので、できれば一緒に飲んだほうが良いとのことでした。

たしか、どちらかが大腸で、どちらかが小腸に効くのではなかったかと思います。
ただ、いずれにせよ、毎日両方を頼むほど経済的に余裕はなかったので、私はヤク○トだけを飲み続けることにしました。

お金に余裕がある上司は金曜日に土日分のヤク○トとミル○ルなどを購入していましたが、私の場合、月曜から金曜までの週に5日、ヤク○トだけを飲んでいます。
そして、そのヤク○トを飲んでいる間、一度も風邪を引いておらず体調を崩して休んだこともありませんでした。
ただ、幸か不幸か人生で風邪で仕事を休んだことはなかったので、ヤク○トによる腸活の賜物と言い切ることはできません。

その後、仕事を辞めたのでヤク○トは飲んでいないのですが、体調に問題はありません。
「それは以前、ヤク○トを飲んでいたからだ」と突っ込まれるかも知れませんが、否定はしません。
研究に終わりがない以上、今後も腸活に関して様々な発表がなされますが、最後には自分自身の判断で効果ある腸活を試していきましょう。