水素水

自分に合った腸活を無理なく続ける

社会人になってから長年便秘に悩まされてきた私ですが、数年前に大腸ポリープ切除手術を受けてから、腸内環境を整える「腸活」の重要性に気づかされました。腸活とは、自分の腸内に生息する細菌の多様性を高め、体に良い影響を与えてくれる細菌(善玉菌)が生きやすい環境を整えてあげることを言います。一般的に、善玉菌自体を含む食品や整腸剤を接種したり、善玉菌のエサになる食品を摂取したりします。

しかし、同じ食品でも人によって効果は異なります。「腸内環境に良い」というキャッチコピーで販売されている商品は多数あるので、最初はどんなものを取り入れていけばよいのかわかりませんでした。

私が最初に試したのはオリゴ糖でした。何種類ものオリゴ糖が含まれていて赤ちゃんも飲めるという「はぐくみオリゴ」という商品を購入してみました。当時、出産したばかりで授乳中だったため、母乳への影響を考えて「赤ちゃんでも安心」という部分にひかれました。コーヒーや紅茶などに振りかけるとサッと溶けるので飲みやすく、約1年間程度続けてみましたが、実際腸への効果はよくわかりませんでした。

次に試したのは整腸剤です。ビオスリーという薬で、異なる三種類の菌が腸内環境を整えてくれる作用があるというものでした。ビオスリーの効果はすぐに実感することができました。いつもは2~3日に一回程度しか排便がないほどの便秘体質なのですが、ビオスリーを飲んでいると必ず毎日便意がありました。しかし薬が効きすぎていたのか、便意に伴って腹痛を感じることもありました。また便秘で固めの便に慣れている私にとっては、かなり柔らかめの便が出るのも気になってしまいました。こちらも何か月か続けましたが、腹痛が辛くなってやめてしまいました。

最後に行ったのは食事の改善です。善玉菌を含む納豆などの発酵食品をできるだけ毎日とるようにしたり、善玉菌のエサになる食物繊維が豊富な食材を選ぶようにしました。試してみて自分に効果があると実感できるものもあれば、あまり効果がないと思うような食材もありました。まだ試行錯誤の途中ですが、食事の改善は無理なく続けることができ、自分にあった腸活だと感じています。